Posted on

温めたビューラーを使うとまつ毛が下がってきにくくマスカラも落ちにくい

上に向いているまつ毛にしっかりとマスカラを塗ると目が大きくパッチリに見えるのでいかにまつ毛を上に上げるか、まつ毛が長く見えるマスカラを使うかは女性にとってとても大切なことです。

まつ毛を上げるためのビューラーやマスカラを使ったことがある人が一度は悩む事にビューラーを使っても時間が経つとマスカラの重みでまつ毛が下がてしまい目の下にマスカラがついて下瞼が黒くなってしまうということです。下瞼がマスカラで黒くなってしまう事は誰もが避けたいことですがどんなにカール力が強いマスカラを使ってもマスカラを塗ったまつ毛は重力によって下にさがりやすくなってしまうのでビューラーのゴムの部分を先にドライヤーで温めておいてからまつ毛を挟み込むとまつ毛のカールが取れにくくなり時間が経ってもまつ毛のカールを保つことができるんです。

ビューラーのゴムを温めてからまつ毛をを挟んだ方がホットビューラーと同じ要領で熱の力によってまつ毛のカールが長持ちするのでこの方法を行ってからビューラーデカールさせたまつ毛にマスカラを塗るとカールも取れにくくマスカラも下瞼につきにくいので毎朝の日課にしておくとまつ毛のカールを長時間維持することができます。